融資を申込む場合の心構えについて

1.借入れの理由を明確に

融資を申込む場合、資金の使途及び必要性をハッキリと説明することが大切です。自分がいくら必要である旨を力説しても金融機関に自分の企業の資金繰りを理解してもらう事ができなければ十分な借入れができない場合があります。
特に運転資金については色々な理由がありますが、資金使途に応じて借入額をよく計算して決め、また、設備資金についてはその効果により、企業の成長性収益性等を検討し、同時に返済能力、返済期間等について計画性のある説明が大切です。

2.借入れの手当は早めに

資金の借入れは簡単にできる場合と時間がかかる場合がありますが、それにより資金繰りに大きな影響を与え、思わぬ失敗をする場合があります。特に年末など企業も金融機関も多忙な時は、いくら自分が急いで書類を作成しても金融機関で手がまわらない場合がありますので、時期などもよく考えることです。
要するに、早目、早目に手当をすることは、企業にとって重要なことであると同時に、営業者の能力、経営に対する姿勢等が高く評価されるものです。

3.担保力のあることが必ずしも借入れできる条件ではありません。

「担保があるから融資を受けたい」とか「担保があるのに何故借入れできないのか」などと言われますが、融資の目的はその資金の効果により企業の発展、経営能力及び収益性等の向上に結びつくことにあります。収益性、成長性に結びつかない資金はいくら担保があっても貸出す金融機関は無いと思わなければなりません。担保はあくまでも最終的な債権保全のためのものであります。

4.「申込書類を作成するのが面倒だ」などとは言わないこと

時々「書類の書き方がわからない」、「面倒だ」などと言う人がおりますがこのケースは金融機関をあまり利用したことの無い人に多くみうけられます。金融機関は申込内容に応じた最低必要な書類の提示を希望するものでありますから、労を惜しまず自分で記入することが大切です。特に、自社の会計係でもない第三者にお願いしたりすることはトラブルの原因となる場合がありますので避けることです。

5.借入れの際には本人が出向くこと

初回借入れの場合は本人が出向くことが肝要です。代理人の話は仮りに内容が説明できたとしても本当に借入希望があり、必要性があるのかどうか確認できなくて、スムーズに手続きがとれない等大変不愉快な思いをするばかりか、話のくいちがい等で問題が大きくなる場合がありますので、最初は特に経営者自身が資金の必要性を説明することが大切です。また、後継者を決めている場合は共に出向くようにしたらよいと思います。

6.赤字でも特に消極的になる必要はありません。

確かに赤字企業の借入れは難しいことは事実です。しかしその内容が将来性を十分検討し黒字にすべく事業の計画性等がハッキリしておれば事業実態を説明することによって可能になることが多いようです。したがって赤字の理由や黒字転換の可能性等、企業内容を分析した資料により自信をもって説明することです。

7.信用は大きな財産なり

「企業は人なり」という言葉を聞いたことがあると思いますが、経営者の仕事に取り組む姿勢は、企業内に大きく反映されるものであり、企業の内容、雰囲気、活気、成長の過程等をみればいかに企業努力がなされているかなどがわかり、それによって金融機関は経営者の性格及び経営姿勢を判断します。
また、借入実績のある企業は約束をした返済期日を確実に守っていることによって信用が厚いと判断されます。返済期日に遅れる企業は責任感、誠実性等を疑われる原因にもなります。
これは金融に限らず日常取引においても欠くことのできない大きな財産と言えます。また、個人企業や小法人においては家庭環境も調査の大きなポイントになっています。

8.企業内容と景気動向は常に把握しておくこと

業界の景気や一般的な金融情勢等、色々なニュースを聞くと思いますが、そのような景気動向は積極的に把握し理解することです。それによって企業の長期的な計画や、経営改善等の必要性が生じ資金を要する場合、金融機関にアピールする度合がちがい、それだけ、経営者の一般的能力、積極的姿勢等がより高く評価されるものです。

9.経営者は健康に注意しましょう

健康は誰もが願うものであり、いつまでも若くして健康でありたいものです。体力が無ければいくら計数管理に明るく社会的信用が高くても、健康を失うことにより接渉等に迫力が欠け、大変不利になる場合がありますので、健康管理には十分注意しましょう。

 以上のように融資を申込む場合の心構えについて色々述べてきましたが、要するに経営者は自社の実態を的確に把握していれば如何なる事態の場合でも対応ができると思います。



商工会議所では、小規模事業者対策の大きな柱として経営改善普及事業を行っていますが、指導と金融の一本化をはかることにより、経営改善普及事業の一層の実効性を確保するため小企業事業者経営改善資金融資制度(通称マイケル資金)を取扱っています。
この融資制度は、低利で無担保、無保証人でご利用できます。